家

リフォームで生活環境改善!~手すり取り付けで安心倍増化計画~

適切な高さに設定

インテリア

高齢者と同居している家庭だと、介護関連で大変な思いをしてしまうものです。高齢になってしまうと、体のあちこちがガタガタになってしまうからです。普通に歩くだけでも、疲れて安くなり、転倒したら骨折などの大怪我に繋がってしまいやすいものです。そのような危険に晒したくないと思ったら、直ぐにでもバリアフリー化を検討するのが得策です。バリアフリーといっても、様々な種類が存在します。室内に存在する段差を全てなくすことから、階段を上がりやすくする電動椅子の設置などがあります。その中でも、手すりの取り付けを行なうべきです。手すりがついていれば、室内で歩いていても転ぶ心配はありません。仮に段差があっても、手すりに捕まっていれば、安心して歩けるからです。そう考えれば、直ぐにでも手すりの取り付けを優先しておこなった方がいいでしょう。とは言え、我が家に設置する手すりの高さはどれくらいにすればいいか迷ってしまうものです。

もし、手すりを取り付ける場合は、同居する高齢者の腕をまっすぐ下ろした状態の高さに合わせたほうがいいでしょう。室内で、ほぼ一人で手すりを利用しての生活になるため、利用者に合わせた高さに設定するべきなのです。手すりを取り付ける場合に最適な高さは、約850ミリ程がちょうど良いです。ちょうど、利用する際に、手の位置がちょうどいい場所に来るからです。そのため、手すりを取り付ける場合は、約850ミリ程度の高さに設定しておいたほうが適切といえるでしょう。